宗教を作るまでの流れ

「シヴィライゼーション6(Civ6)」では宗教を作る(創始する)ことができます。

ここでは宗教を作るまでの流れを紹介します。

信仰心をためる

まずは信仰力をためましょう。

信仰力をためることで、次のステップに移行します。

一定数溜れば、自動的に右下に宗教を作る話が出てきますので、そちらから先に進みます。

信仰力をためるには、さまざまな方法があります。

一番わかりやすいのが区域の聖域と、その建造物です。

ですが、他にも遺産や政策、指導者が持つ能力、自然遺産、都市国家、交易などもあります。



パンテオンを作る

一定量の信仰力が貯ったら、自動的にパンテオンを作る状態になります。

パンテオンは、本格的な宗教を作る前の段階と捉えましょう。

いろいろな効果の中から1つ、好きな効果を選べます。

序盤のことだけでなく、終盤まで役立つ効果を選ぶことで、より有利に勝利へ近づくことが可能です。

この後、さらに信仰力を貯めたら、本格的な宗教を創始できます。

本格的な宗教を作る

本格的な宗教を作るには、偉人の「大預言者」が必要になります。

大預言者を得るには、大預言者ポイントを貯めるか、もしくは偉人を購入する必要があります。

なお、大預言者は、マップ上で数に限りがあり、その数に達した時点で、新しい宗教を拓くことができません。

できるだけ早くに、他の文明に負けないスピードで大預言者を登場させる必要があります。

大預言者は、遺跡の「ストーンヘンジ」を建てることでも得ることが可能です。

この得られた大預言者を聖地区域に移動させ、使用することで宗教を創始できます。